揺れるハートcats☆kittens Aveailability☆子猫のご縁組みのご案内
るんるん赤ちゃんの成長記録るんるん

2006年11月13日

大騒ぎになって診察出来ない猫・・・

獣医さんを受診しても大騒ぎになって
診察どころではなくなって
飼い主も獣医師も猫もゼイゼイ疲労困憊ってことありませんか?
或は
たんなるワクチンの筈だったのに汗だくとかって・・・

他人事ではありません
我が家にもおりますので
その手の恐がり君が・・・

こちらでお待ち下さいと
先生と診察室に入って行った我が子・・・
しかし暫くすると
前足と後ろ足を結わかれて4人掛かりで押さえて
事に取りかかろうとしたが大暴れのあげくに
何も出来ず
お母さん入って下さいと緊急ヘルプ要求がでた様です
中に入ってみると
結わかれていた紐も解け!
診察台の上で身体三倍くらいに毛を逆立たせて
威嚇する恐ろしい我が子の姿が!
4人の先生方は四方の壁に張り付いて
恐怖に身動きとれない状況
お母さん押さえて頂けますか?
って
ここ迄『トラ』しておいて今度は私が補訂するの?
幸い私の事はまだ認識してくれたので
多少は引っ掻かれ噛まれましたが
なだめすかして持参のバスタオルで押さえ込んで
なんとか〜ワクチンを済ませる事ができました

ま〜この時は採血→結果によって→ワクチンをするか否か
先ず大嫌いな採血で嫌な思いをして
その後結果待ち30分以上
OKが出てやっとワクチンとなったので
緊張と嫌だがピークに達してまったのでしょう

ピリンは子猫の時の初回ワクチンで先生に噛み付いて
怪我を追わせてしまったし
ぱ〜ちゃんも獣医さんで有名になるくらいの騒ぎの王者だし
胡桃も切れて点滴出来ずに帰って来た事があります
ロシアンブルーは困ったさんで恐がりさんが多いですね・・・

さて〜どうしたらいいのか?
私の恩師である胡桃と翔のブリーダーさんのアドバイスでは・・・

ロシアンブルーは特に繊細で頭のいいネコである
それが意味することは・・・
嫌な経験は一生を通して根深く憶えているコト
そして飼い主や彼らの回りを取り巻く環境化でかなり繊細に物事を
理解しそれに対する反応も繊細故に大きいと云うコト

まずは〜初めの経験を楽しかったものとする
また飼い主が狼狽や緊張せずに毅然として彼らに接する

大暴れして増々嫌だった経験の記憶を克明にしない為に
☆『洗濯ネット』を活用する☆
これが大好きになる様に日ごろから彼らに入らせて遊ばせる
大好きなベットに敷いておくなど
洗濯ネット=心地良いとインプットすべし!

★獣医さんでは革手袋は使用させない★
これは補訂する側の安全は保たれても
彼らには逆効果になる
その驚怖の匂いが染み付いた道具は彼らを動揺させるだけである
ますます大暴れする引き金になる
☆厚手のバスタオルを持参して(お家の匂いのついている)☆
これで補訂して下さいと頼んで下さい

そしてご自分が冷静で居る事が大切です
何故なら猫と云う動物は人の息使いや心音でその感情を理解するからです勿論匂いからもですから緊張の匂いをさせない様にね

花のエッセンスから出来た『レスキューレメデー』を利用することも
助けになるかもしれません
愛猫にはトリートメントボトルで薄めたものをスポイトで飲ませるか
ご自分の手につけてその手で顔を優しく撫でてあげて下さい
その時はマズルのあたりを重点的に撫でて粘膜からその成分が
より吸収出来る様に勤めます
撫でる事にもとてもリラックゼーション効果があります
Tタッチ法でマッサージしても尚いいはずです
(これは競走馬の為に開発されたマッサージ法です
私は乗馬後の馬のお世話の時に実際に馬にしてあげた事がありますが
効果抜群でした!点滴中のピリンにも毎回施しています
実際良い子になりますよ)
取り分けロシアンブルーは撫でられる事が大好きな猫種ですから
コレを活用しない手はないです!

ご自分もクールで居られる様に
レスキューレメディーを美味しい紅茶に4滴程入れて
先ずはゆったりと愛猫と一緒に一服
それから獣医さんにお出かけ下さいませ・・・


さ〜先生に行こうか〜?
嫌だニャ!

FH000024-1.jpg

ニックネーム ブルースター at 13:57| Comment(10) | TrackBack(0) | forRussianBlues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする