揺れるハートcats☆kittens Aveailability☆子猫のご縁組みのご案内
るんるん赤ちゃんの成長記録るんるん

2007年01月08日

TheごはんTime!


免疫強化と丈夫な骨格と
美しくしっかりした筋肉の為に
我が家のTheゴハンTimeのメニューは
肉メインのアニモンダ社の缶詰に
プロポリスと山羊ミルクを加えます
新鮮なアルカリろ過水と
ロイヤルカナン社のベビーキャトとクイーンは
何時でも飲める食べられる様に
常時置いてあります

ume〜.jpg

ume-2.jpg

朝食 .jpg

美味しかった?
『お〜!』

この子達は今は生後78日目
11週目と1日

おいいし.jpg

★子猫の免疫抗体のお話を今日はしましょう★
何故ワクチンを子猫の時には2回受ける必要があるのか
そのワケをご存知ですか?

一期目は丁度8週目の頃に接種します
この頃は一般的に母猫から受け継いだ
免疫の抗体値が下がってくる頃です
しかし無くなる訳ではなくて下がってくるだけなので
感染に対する防御は出来なくなってもワクチンによる抗体を
つくるための疑似感染には至らず
防御出来てしまう事があります
しかし中には母猫が良い免疫抗体を子猫に
授けられなかった場合もあり
その場合は子猫の感染防御手段は無くなって
何者にも感染してしまいます・・・
ですからこの頃に一期目を接種します

その後4週置いて
2期目を接種します
この頃にはすっかり母猫からの移行抗体は無くなっていて
ワクチンによって免疫をつける為の疑似感染を
身体の中で起こします
接種後だいたい14日くらいで個体差はあるけれど
ワクチン接種により抗体免疫が出来ます
この頃が月齢4ヵ月になります
その結果『巣立ちに最も適した時期が生後4ヵ月』と云う事が
推奨されるワケなのです

最も子猫が常在菌も含めて
感染の危険に感受性がある時は
8週齢〜12週齢です
生後56日〜84日
我が家のコニャング達は今生後78日
一番危険な時期なんですね!
今迄幸い
結膜炎も下痢も風邪も怪我もなく
無事に過ごしてこれましたが
2期目のワクチン接種の日
巣立ちの日までまだまだ気が抜けません

ご新居でも初ウンチ初しっこが
出来るかな?
そしてゴハンを
食べてリラックスできるかな?
心配は尽きませんが
愛情深く優しいご家族に恵まれました
きっとそのハードルも
ご家族の愛情に支えられて
越えられると信じております
巣立ちの日まで細心の注意と深い愛情をもって
胡桃ママと人間の母である私
一緒に力を合わせて育みます

お迎えの日までのお待ちの間が
きっと永遠の様に長く感じられるかもしれませんね
私もそうでしたから
お気持ちよ〜く解ります


〜どうか〜
ご理解くださいます様お願い致します
m(_ _)m
Soul Love!

ニックネーム ブルースター at 13:15| Comment(6) | TrackBack(0) | forRussianBlues | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする