揺れるハートcats☆kittens Aveailability☆子猫のご縁組みのご案内
るんるん赤ちゃんの成長記録るんるん

2006年04月20日

ピーば〜ちゃんがいなやい!


ば〜ちゃんどこ.jpg

ピーちゃんの避妊手術が無事終わりました!
1年間この日に向けてピリンと頑張って来ました


今年の6月13日で5歳になるピーちゃん
思い返せば〜
去年の2月初めて入院してピーちゃんの腎臓の悲鳴に気がつきました
キャットショーに行っても体調一つくずさない
風邪一つ引かない!
気が強いピーちゃんは喧嘩好き喧嘩傷もたえません(汗)
しかし驚異的な回復力でその怪我で獣医さんに行った事も無い!
ピーちゃんは丈夫だと過信しすぎた
情けない私の過ちです
その後
避妊手術を希望し検討してきましたが〜
彼女を失う事が怖くて手術に踏み切る勇気が持てなかった

食事
皮下輸液
数値が下がらない時には
獣医さんでの入院と点滴
定期的な血液検査
この〜検査の結果報告書が何枚になったろ〜か?

ピーちゃんの理想の体重は2800g〜3000g
でも〜腎不全を患ってからの彼女は
2300gをキープするのがやっとだった
クルちゃんがピーちゃんの孫娘を妊娠してから
おば〜ちゃんになったピーちゃんに嬉しい変化が現れた

妊婦のクルちゃんと生活させるうちに
ピーちゃんに生気が戻ってきたのだ
赤ちゃんが大好きで最良の母だった
懐かしいピーちゃんがそこには居た
ルームメイトにする事から始まって
お産の介護から子育てまで〜
本当に毎日たいへんな日々を
ピーちゃんはクルちゃんと幸せそうにこなしながら
心配された腎臓の数値も許容範囲をキープしていた
体重も2700gをキープ!

赤ちゃんを誰よりも愛したピーちゃんに
元気をプレゼントしてくれた孫娘達!


先週の血液検査で手術を決定した
18日から入院点滴で腎臓の負担を出来る限り下げてから
手術にのぞむ
もしかしたら手術をしたらその負担で
前より悪くなるかもしれない
麻酔をしたらこのまま目が覚めないかもしれない!
本当に不安と心配が脳裏を駆け巡った
温もりのあるピーちゃんを抱きしめられるのは
これが最後になるのかもしれない!
前日の夜の面会
当日の朝の面会
その後は『手術立ち合い』希望だったので
先生からお電話を頂くまで自宅で待機
1時10分電話が鳴った
『今から始めますので来て下さい』
とうとうその時が来た

車で5分

病院に着くと
先生から説明された
『これから鎮静をかけて毛をかってガス麻酔をかけてゆきます』
ああ〜この麻酔をかけたらもう起きないの?大丈夫?

4月19日1時30分
手術開始
2時15分で無事終わった
その間に子宮と卵巣の確認をさせて頂いた

腫れもなくピンク色で健康なとってもきれいな子宮だった

腎臓を壊さなかったら
まだまだピーちゃんは母になる喜びを味わえたのかもしれない!
ピーちゃんの一番の幸せを奪ってしまった私を許してね・・・

目が覚めた様だゲージに入る為に抱っこされてこっちにやってきた
ピリンの綺麗なグリーンの瞳がこっちを見た!

ゲージで覚醒するのにふらふらしながら
起き上がろうとするピーちゃんはとても痛い痛しかった
もうろ〜としながらもシッコをしった
身体がちゃんと機能しだした証拠だ!これはいい兆候だと思った
でもふらふら〜は治まらない
30分程して意識もはっきりしてきたピーちゃんが
見守る私に気がついた!
ふらふらしながら
出して〜出して〜一緒に帰りたいの〜!
ゲージのガラスをガリガリして必死に訴えている!

私が居るとず〜〜っとこうして
安静に出来ないので早々に退散した

その夜は主人が面会に行った
全然元気!出せ〜〜帰る〜〜と騒いでいる

『明日退院してもいいのですが奥様のご都合で金曜日になってます』
って言われたよ〜なんか都合あるの?
『え!?』
手術の後に先生に伺った時には金曜日か土曜日って言ったよ〜!
だから金曜日っていったんじゃん!

ま〜術後の経過が良かったので早まったのでしょう!

朝を待って病院に確認の電話をした
改めて血液検査の結果も良好!
機嫌もよくて元気にしています

やはり〜今日退院でもOKだった様です
しかし傷の事を考えると明日の方がBEST!

futene.jpg

この体重計ってベットの下にあって
ピーちゃんがそ〜〜とクルちゃんに見付からない様に
サボりの隠れ家として愛用していた代物です

ピーちゃんが入院してから
呼んでも来ないピーちゃんにクルちゃんは
とても不安そうでしたが
昨日からピーちゃんの匂いがついている
この体重計を探してこの上で子育てしています
しかし窮屈そうです

ば〜ちゃん明日帰ってくるからね!

ばんじや〜い.jpg

ピリンをお守り下さって
神様ありがとう

ニックネーム ブルースター at 12:01| Comment(19) | TrackBack(0) | 腎不全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブルースターさん、手術の立会いお疲れ様です
そしてピーちゃんもよく頑張りました!
腎臓の具合がよくなかったのですね
手術を迎えるまでも大変でしたね
これからもチビちゃんの良きおばーにゃんとしての
優しいピーちゃんの毎日を覗かせていただくのを楽しみにしてます♪
Posted by natsu at 2006年04月20日 17:39
ええ〜ず〜〜っと様子見できちゃって
去年の秋は院長先生の手術で見送り
でも〜待ったかいがあった

御心配おかけ致しました
それ程血は出なくて
むしろ〜蒼太くんの折れたお爪の方が〜
迫力あったです

もしかしたら
ぽっちゃりピーちゃんになるかも〜心配です
Posted by ★natsuさん★ブルースター at 2006年04月20日 18:04
ピーちゃん、良かったねー!頑張って偉かったねー!
ブルースターさん、本当に良かったですね。僕が去勢手術した時にはママはもう大変でしたけど、ピーちゃんは女の子だし腎臓だし、もっともっと大変だったんでしょうね。
赤ちゃん達もきっとほっとしてますね。

赤ちゃん、ますます可愛いー!!!
Posted by ドン・小太郎・コルリオーネ at 2006年04月20日 18:28
ずっとピーちゃんの体重の変化を掲載されていたのは
ピーちゃんの避妊手術の事を考えて体調を気にされていたのですね。
ブルースターさん、お疲れ様でした
ぴーちゃん、頑張ったね!
くるみちゃんにとってはやっぱり頼れるぴーちゃんなのですね。
子育て大好きなピーちゃん、これからも楽しい事いっぱいあるよ!
Posted by mipopo at 2006年04月20日 19:10
よかったー
ピーちゃん、明日退院できるのですね。
くるちゃんも孫娘たちもピーちゃんの姿が見えなくて不安だったろうに・・・(;-;)
ブルースターさんもお疲れ様でした!

PS.ぱなさんのBLOG、うちからはフツーに見れました。
Posted by kabo at 2006年04月20日 20:25
ありがとう!
朝の先生との電話では
元気にご機嫌にしているとのこと
明日10時30分にお迎えにいきます!
楽しみです★

ママの小太郎君の去勢手術のエピソード
読ませて頂きましたよ
ママは小太郎君を深く愛しておられるのですね
小太郎君は幸せです
そんなお優しいママを大切にしてあげて下さいね
Posted by ★ドン・小太郎・コルリオーネ君★ブルースター at 2006年04月20日 20:34
こんばんは。
ピーちゃん、涙・・・涙のお話ですね。
実はウチのアナ子も手術まだなんです。
私自身の踏ん切りがつかなくて・・・。
無事終わって、良かったです。

ベビーちゃんたちも、スクスクですね。
最初の写真に比べると、ホント大きくなりましたね。

Family情報ありがとうござます。
(ネコさんの敬称:タイトル略ですみません)
Tylona's Leonardo君は、アナのひいおじいちゃん。

Tylona's Wild Card君とTylona's New Moonちゃん夫婦の娘のStarchild Wild Jadeちゃんがアナの生みのママ。

ということで、瑞樹ちゃんとアナ実母とは同胎姉妹が、姉妹ですね。きゃ〜^^
感動!

追伸:いつも、亀レスでごめんなさい。
Posted by アナログ at 2006年04月20日 21:39
手術成功おめでと〜ございます!!!!
ピーちゃんを思うブルースターさんの気持ちに
ついもらい泣き....(ノω・、)

本当に麻酔から無事に覚めてくれるだろうか...っていう
身を引き裂かれんばかりの不安な気持ち
痛いほど、分かります.....(><)。
でも、術後の経過もとっても順調なようで
本当に本当に良かった〜!!!!(*´∇`*)

ピーちゃん、ママの愛情にしっかり応えてくれましたね〜p(^^)q
ママを待ってるクルちゃんも、おば〜ちゃんを待ってるベビニャン達も
明日は最高に嬉しいだろうな〜(*´艸`)
Posted by りんぽぽ at 2006年04月20日 21:50
ごめんなさい〜
詳細はブログでUPしたから〜
そのままになちゃって
ピ〜ちゃん不在に
赤ちゃんのウン掃除に明け暮れて
あっという間に次の日〜!(涙)

ピーちゃん早く帰って来て下さい!
と私も切に願うのです
Posted by ★kaboさん★ブルースター at 2006年04月21日 08:17
ありがとうございます
一つほっとしました〜!
CAT's LIFE〜あたしの一生のダルシーだって
駄目だと宣告されから〜10年以上も生きぬいたのだから〜ピリンと同じ様に輸液をあたしの人間としながら〜
17歳4ヵ月と1日ものご長寿さんですんもの!
これからは〜ピーちゃんは
腎不全の長寿ネコさんにチャレンジです
CAT's LIFE 目標がないとね! 
Posted by ★mipopoさん★ブルースター at 2006年04月21日 08:29
御心配おかけ致しまして〜
ありがとう
そっか〜アナちゃんはまだなのか?
ヒートの時とか騒ぎませんか?
ピーちゃんはマーキングしたりもするのよ
かつてはパンツもきました(苦笑)

子猫をいつか〜ってご希望なら
早くしないとクルちゃんと同じ年のアナちゃんは
ホルモンのバランスを崩すよ〜
避妊手術は健康な娘なら心配に及びませんよ
ピリンの先生はとても良くて
傷も1〜2センチですから〜すぐ治ります

瑞樹ちゃんのお姪さんって事でしょ!
記事楽しみにしていま〜す★
Posted by ★アナログさん★ブルースター at 2006年04月21日 08:37
ホントほっとしました〜
ありがとう
待っている間って
悪い事ばかり考えちゃって

院長先生はとても信頼のおける方で手術は上手だし
ホント〜上手なの!
むしろ麻酔の副作用が心配でした
ロシアンは元から麻酔に弱いネコ種なのです
輪をかけて腎不全のピーちゃんですから

これから〜ピリンと一緒に
腎不全の『ご長寿ネコ』に挑戦です★
Posted by ★りんぽぽさん★ブルースター at 2006年04月21日 08:44
スノーの事でご相談があったのです
トリプトファンのコトで〜今の彼には必要かも



Posted by ★りんぽぽさん★ブルースター at 2006年04月21日 08:53
ブルースターさん、お疲れ様でした(>_<)
心配で心配でたまらなかったでしょうね
ELLEたんの手術の時を思い出して胸が苦しくなりました
私がたくさんのお届け物で浮かれている間にこんな辛かっただなんて!!
でも立会いしちゃうところがブルースターさんだなってw
ますます詳しくなってまたいろいろご指導ください
お薬すのたん飲んでくれて(というより食べたってふうだけど)よかったです
これがあったらトリプトファンなくても平気??
様子見かなぁ
りんぽぽさんに購入先等教えていただきました
Posted by ぱな at 2006年04月22日 01:18
心配でした〜ほんと
ピリンのことが無事おわったら〜
色々な問題を打破していかなくちゃって
その中にスノーのことも・・
キラくんのことも〜
シェイクの更新も〜って
トリプトファンは〜あまりとりいれたくないのだけど〜
かえって〜根深く定着する以前になおしちゃったほうがいいな〜って
だからもう少し飲んだ後の様子など詳しくおききしかたんだ〜
肝臓と腎臓には負担がかかるので〜短気でやめたいし
購入先等は私もしっていますが実際のませようか
迷っていました〜
Posted by ★ぱなさん★ブルースター at 2006年04月22日 08:58
ピーちゃん、手術成功おめでとう!
そしてブルースターさんもお疲れまでした。
ピーちゃんを失うかもーという辛い気持ちを考えると本当に胸が苦しくなります。
思っていたより早い退院、嬉しいですよね。
ピーちゃんの生命力の強さにバンザイ!
クルちゃんと子猫達もこれで安心ですねぇ(^^)

ロシアン、麻酔に弱いのですねぇ
ジュリも避妊手術の際、麻酔後が想像以上にふらふらでかなり心配した事を思い出しました。

Posted by natsu at 2006年04月22日 12:03
こんにちは〜。
あねもねさんや、アナログさんつながりで
やってきました。
くるちゃんも、スターチャイルド一族ですか?
うわぁ〜。見つけてくれてありがとう!!
瑞樹には、あまり家族がいないって聞いていたから
とってもうれしいです〜。
これからもよろしくね。
リンクさせていただきました!!
Posted by bluecats at 2006年04月22日 16:00
もう〜帰ってきたら〜
子猫のお世話に、クルちゃんの話相手に
大忙しのピーちゃんです
傷を舐めない様にとエリザベスカラーを薦められていますが
それどころじゃ〜ありません
そんな暇もなく寝ている時はクルちゃんが寄そっているし
なんだか〜ある意味心配ですが(汗)

元気そうなのでほっとしています

麻酔には〜弱いのですジュリアちゃんもそんな事があったのですか〜
最初に先生に言っておくことが大切です

最近アメブロ調子わるいですか?
そちらに伺うとフリーズしちゃうのです
こちらMacユーザーなのでなにかと不便がありますが
今迄は快調だったのに〜〜!
Posted by ★natsuさん★ブルースター at 2006年04月22日 17:40
はじめまして
そちらには〜あねもねさんのところから
お邪魔してましたが〜素敵なサイトで紹介されているグッツも楽しくて〜
どんどんみていたら〜
なんだ〜スターチャイルドさんのトコのお嬢さんだったんだ
瑞樹ちゃん美しいわけだったんだ〜
納得って感じでした

私のクルちゃんはスターチャイルドさんではありません
大本になるアメリカのキャッテリーでのつながりです
クルちゃんはクルちゃんの父の祖父がTylona's Leonardo君です

クルちゃんはカナダのkyina&Talskerキャッテリーから譲って頂きました
日本でアメリカに居る祖父のご親戚に出会えた訳ですね〜

映画の様なお話ですね〜
どうぞ〜これからヨロシクです★
Posted by ★bluecatsさん★ブルースター at 2006年04月22日 18:24
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/274894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック