揺れるハートcats☆kittens Aveailability☆子猫のご縁組みのご案内
るんるん赤ちゃんの成長記録るんるん

2006年04月27日

猫語が理解出来る日は突然やってくる!


真剣に猫語が解ると言う私を
どうか〜変な奴とは思わないで下さいね

翔が海を渡って我が家に来た時も
勿論彼は躾けも
抱っこされて耳にする甘い囁きも英語
翔のお迎えにブリダーさん宅に招かれた時に
しっかりこの目この耳で確認済み

キッチンに登って『NO!』と叱られ
甘えに来た彼を抱き上げて
『You sweetey boy〜♪』優しく抱きしめる
しかも〜
か・け・ると命名していたけど
英語読みで『ククル』って呼ばれていた
(ルはRの発音)

そんな彼も我が家に来て
数日は何を言っても『きょとん』としていて意味不明の行動
しかし一ヵ月が過ぎた頃〜私と彼の間の溝がうまっていた

鮮明に彼の愛情が私に伝わってきたのだ!

この時をさかえに私達の間には壁がなくなった
猫語、人間語、日本語、英語、全てを越えて
翔と私は心で話せる様になっていた!
しかしここで
違えてはいけない事が一つある
コミュニケーションが出来るからといって
こちらに合わせて分別をもって理解しくれる訳では決してない
嫌な事はハッキリ嫌だと主張する

だからこそ私は心だ痛い辛いと思う時がある
話せる様になったからこそ
理解できるからこそ〜
人間社会の都合に合わせて
彼ら猫族にとって不便を強要しなければならな時には
心がチクチクとても傷むのだ
『何故そんな〜コトをするの?』
『びしょびしょだ〜』
『怖いよ〜』
『どうして今遊べないの?』
『車には乗りたくなんだ〜
しっこもうんちも実は我慢してるんだぞ〜!』
『やっと使い易く爪なったのに〜』
『止めて!助けて!辛いのよ〜!』
『そんなのやりたくない!』
『飲みたくない』

ごめんねごめんね・・・

昨日は嫌がる翔に投薬と目薬を点眼した
『翔の為なの!我慢して!大丈夫痛くはしないから』
『やだ!怖いよ』

今朝も私は彼を呼んでみる
『かける〜!翔〜!くっく〜〜〜ん!』
どこからともなく
ひょこひょこ彼はやってきた
そしてピョ〜ンっと膝に飛び乗ると
お顔にす〜りす〜り
♪ゴロゴロ♪
『オレはお母さんが大好きだ』
彼の心の言葉に癒される

ありがとう

kaku.JPG

My Soul Love Kakeru !

ニックネーム ブルースター at 13:30| Comment(8) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、
今日のブログを読んで、ママが「うらやましー・・・」と溜め息をついています。
実は僕は抱っこが嫌いで、ましてや自分からママのお膝にぽーんなんてしたことがないからです。たまーに抱っこを許してもせいぜい1分。お膝に来て、お顔すりすりなんて・・・ブルースターさんが羨ましいとつくづく言ってました。許せ、ママ!

Posted by ドン・小太郎・コルリオーネ at 2006年04月27日 18:38
それは仕方がないよね〜
我が家にも抱っこは苦手だけど
いっぱいの愛情で心の言葉で翔同様に話しかけてくれるチビタンがいます
彼女は一番はじめに我が家の娘になってくれた私の愛娘です〜♪
Posted by ★ドン・小太郎・コルリオーネ君★ブルースター at 2006年04月27日 21:23
すごいなぁ
ホントにホントなのね?
ぢゃぁSNOWがうちの子になるって言ったアレはホント?冗談??
ん〜気になるぅw
しかしククルって笑えますねぇ(* ̄m ̄) ププッ
私も早くSNOWとしっかり会話できるようになりたいなぁ
Posted by ぱな at 2006年04月28日 01:16
ええ本当です
この間逢った時だって
車で待っている時も相方さんをお迎えに行った時も
私にお母さんはどこいったの?って訊いてきたよ
相方さんをお迎えに行った時は
『おんどりゃ〜〜!
何処行きにゃがった〜
オレを置いてきぼりにしやがて〜〜!』ぐらいに言っていたかな???
間違えなく私ではなくぱなさんをお母さんと慕ってます☆
Posted by ★ぱなさん★ブルースター at 2006年04月28日 02:18
くっくん、投薬って??
目薬・・・あ!ぼっくんにも目薬・・・でも最近は涙目にはなってないですよ〜
でももしブルースターさんが聞いたら
「目痛いのにゃ〜」って言ってるかも・・・
最近、家に帰るとぼっくんがたくさん話しかけてきます。今までだったら、
「今日地面が揺れたの怖かったんだよー」とか
「ザーザーお水がいっぱい落っこちてきてた」とか言ってるのかと思うのだけど、
どーも、
「帰りが遅い!どこ言ってた〜」「おい、早くメシにしろよ、メシ!」などと言われているような気がしてなりません。
Posted by kabo at 2006年04月28日 09:14
『メシ』は言ってるね〜絶対言ってる!
あの時のぼっくんの涙目はゴミが入ちゃったんだよコンタクト様のマイティアclなど
(スーッとするメントールの入っていないもの)
目薬をさして洗ってあげなさいって獣医さんに教えおもらったよ〜★

くっくんはこの季節アレルギーで涙目になるんです
同腹の妹のアバロンもアレルギーだったので
体質ですね〜初対面の時
翔はシャイで逃げて行ってしまったんだけど
妹のアバロンとは直ぐ仲良しになたんです!

1年後にクルちゃんのお迎えに行った時に
彼女憶えていてくれて抱っこを沢山せがまれての
感動でした〜〜!

兄妹そろって抱っこ猫なんだよね〜♪
Posted by ★kaboさん★ブルースター at 2006年04月28日 09:51
一緒に共同生活をしていく上ではお互いに譲歩が必要になりますもんね。相手の言うことばかり聞いてはいられないもの。もちろんそれはお互いさまですが。
でもその時に、ちゃんと説明したり、自分の考えを伝えたりすることが大切なんじゃないのかな、と思います。
くっくんもブルースターさんも、腹のうちを言い合えるんだから、いい関係なんだと思いますよ。そうなると、お互いに最後には「大好きー!」って気持ちばかりが残りますもんね♪
Posted by りん at 2006年04月28日 15:41
そうですね〜
でも人間も猫もかなり分け合ってます
愛情の支えの元になりたってます
そう信じています!

認め合っていますよ同等の価値観で
猫的愛情表現と人間の望む愛情の表現とは
一致しない事もあるけどお互い許し合ってます
Posted by ★りんさん★ブルースター at 2006年04月28日 21:41
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/282367
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック