揺れるハートcats☆kittens Aveailability☆子猫のご縁組みのご案内
るんるん赤ちゃんの成長記録るんるん

2006年05月26日

藍ちゃんノリ〜♪ノリ〜♪

VERTIGO 2005//U2 Live From CHICAO

上映会in子猫部屋


早々に怖がり藍(あお)がやってきた!
『ピーおばあちゃん勘違い激怒事件』から
めっきり怖がりになってしまった藍です
背中の毛なんか〜逆立ちゃって相当に怖いのかしら?
と思いきや・・・
あおとu2.jpg
食い入る様にず〜っと観ている!
聴いてるではありませんか〜!
増々エッジのギターに聴き入る藍!

エッジとあお.jpg
!!!ず〜〜〜〜っと聴いてるよ〜!!!
??ホントなの??
エッジのギターはいいもんね〜
藍ちゃんはエッジのギターが好きなんだね
母さんも大好き

ボノのトークが始まったよ
これは長いけど〜
このツアーに込められたメッセージ

神様の下では貧困も無く皆が平等な筈だ!

キリスト教徒もユダヤ教徒もイスラム教徒も何故戦うのか?
キリストもユダもマホメットも全てはエブラハムの息子であり
全知全能の神がこの地上にお使わしになった息子だ!
その教徒達が何故殺し合い戦う?
こんな事ナンセンスだ!
訴えるボノ

造のとあお4.jpg
藍ちゃん真剣です!

母さんも本当にボノに同感です

母さんは
人間以外の動植物達も全知全能の神様の下では
人類同等に平等だと思います

戦争は人間の身勝手の他何者でもない!
乱獲にも脅かされ環境破壊が進み
そして戦争!
戦地の野生動物達の安否に心がとても痛みます
閉じ込められている動物園の動物も

造のとあお.jpg

藍ちゃんも真剣に頷いています!

戦争はロシアンブルーすらも奪おうとしました!
母さんも声を大にして訴えたいよ

No more!


家猫として長い間、人間と友に暮らして来た猫ですが
やはりその先祖はリビア山猫、ヨーロッパ山猫、ジャングルキャットなどの色々な家猫の先祖と推測されている猫達が人になれ易い個体で自然に選択交配され今の家猫が誕生したと云われています。
今もその祖先達は野性の猫として気高く人間と距離を置いて暮らしています。

人間と持ちつ持たれつの生活を選んだ猫達にもやはりそんな野性の血はながれています。
例えば〜
愛しい我が子がゴロゴロお腹を撫でさせていた時に突然噛み付いて来る事ってありませんか?
それはペティング・アグレッションと云って猫本来の野性の狩人として単独で生活している先祖から受け継いだ気質と人に懐きやすい個体が選択交配により今日のペットとして愛される気質(成猫になっても縄張りを独立し獲物を自ら獲らなくても不自由なく生きられる為一生と通して何処かに子猫の気持ちを持ち続けてが母猫に依存する様に人に依存する)その双方の気質の葛藤の末にやはり野生が勝てその様なおかしな行動をとると云われています。

この何処かに流れている野性の本能がパニックになった時、繁殖期、子育て中の母猫の母性本能、などの影響により過度に働いた場合に野生の血脈にスイッチが入って酷く悲惨な状況が起るうると云う事です。

正に『ピーちゃんの勘違い激怒事件』がその一例です!
母性の攻撃性でスイッチが入ってしまたのです。

それはスッチンの出産の日の出来事でした。
いつもの様にクルちゃんピーちゃんで仲良く青、紺、黒の面倒をみていました。しかしスッチンのお部屋では初産の不安に怯えながらも初めてのお産にスッチンは立ち向かっていました。そんなスッチンの息使いと生まれたばかりの赤ちゃんたちの産声にピーちゃんはただならぬ不安を抱いてしまったのでしょう・・・

お産が無事終わり赤ちゃん達が初乳を飲み一段落しました。私はピーちゃんとクルちゃんと子猫達のお部屋に様子を観に入りました、そして暫くしてスッチンと赤ちゃん達のお部屋に戻ろうとした瞬間に事件は起りました。ほんの少しだけ開いていたスッチンのお部屋のドアの隙間からみゅちゃんとルっちゃんが出て階段で遊んでいたのです。
私が知らずにドアを開けた隙間からピーちゃんには、ルっちゃんの姿が子猫を襲う侵入者に見てしまったのです!
ピーちゃんはもの凄い勢いでルっちゃんに襲いかかり逃げ惑うみゅちゃんにも襲いかかりました。やっとの思いでピーちゃんを抑えてお部屋に入れましが気が動転してパニックになっているピーちゃんはそこ居たクルちゃんを見付けてまた勘違いして襲いかかっていきました。
居合せた子猫の青、紺、黒には幸い怪我はありませんでしたがパニックのピーちゃんと襲われるクルちゃんに怯え逃げ惑う有様!我が家の2階は大パニックになってしまいました。

母性本能が子猫を守ろうとして野性にスイッチが入ったピーちゃんはパニックになって誰が侵入者なのか?クルちゃんなのか?みゅちゃんなのか?ルっちゃんなのか?まったく解らなくなってしまったのです。
逃げ惑う子猫にまで襲いかからん有様です!

本来の母猫なら物陰に隠れ誰の目にも触れる事無く子猫の巣立ちの日までひっそりと子育てをするものです。しかし人間と共存する様になって子育ての警戒心は薄れ進んで人に小さな子猫を見せてくれる様になりました。お世話のお手伝いもさせてくれます。
しかし何らかのきっかけで野性にスイッチが入ってしまった時には今回の様な事件がおこりうる訳です。

私はこの経験から猫は決して擬人化してはいけない!
猫達の祖先を尊敬し理解し彼らを猫として尊重しなければいけなかったと反省しました。

私が今回の経験を経て確信した事ですが・・・
よく驚かすと母猫は子猫をかみ殺してしまうと言われています。それは子猫を進んでかみ殺したのでは無くパニックになって子猫を守ろうと敵に応戦して誤って噛み殺してしまったのではないでしょうか!?
今回のピーちゃんの勘違いの様に!
胸が張り裂けそうな悲劇です・・・

だからお外で一生懸命暮らしている母猫さんが子猫をひっそりと育てているところを見付けた時は・・・
興味本位に覗いたり!
子猫に触ったり!
大声を出したり!
してはいけないと私は思います・・・
彼女は自分が生きて行くのも精一杯の中で一生懸命子育てをしているのです。
きっとピーちゃん以上に気持ちには余裕もないでしょう。驚いてパニックになり子猫を守ろうとして愛しい我が子を誤って噛み殺してしまうかもしれません!
可愛いなと触れただけでも人間の匂いが付いてしまった我が子を認識出来なくなりその仔を育てなくなってしまうかもしれません!侵入者と間違えてかみ殺してしまうかもしれません!
あるいは脅かされた巣は移動します。その時にその触られた子猫だけ置き去りにされてしまうかもしれません!何故ならその巣を移動せざる得ない怪しい匂いがその子猫からするのですから!

どうか〜彼らの生き方を尊重し遠くから見守ってあげげて欲しいと私は願います!

本当にSOSの時にだけ手を差し伸べてあげて下さい!

でも、その手にする前に・・・
考えなくてはいけない事
この手に触った命を
その暖かさを感じた時からその仔の一生を通して
慈しみ育んでいく覚悟をしなければいけない!

その仔はもう母猫の巣には戻せなから!

母猫はその知らない不振な匂いの付いた我が子を我が子と認識出来ないかもしれません
勘違いして噛み殺すかもしれません
置き去りにするかもしれません・・・




ニックネーム ブルースター at 14:33| Comment(14) | TrackBack(0) | aim for high ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうか・・・
このブルースター家の儀式で藍ちゃんはファンになりそうだけど
すのたんはボノが怖くなったのね?(* ̄m ̄) ププッ
実はブルースターさんがボノ広めよう協会の方で
仔猫を通じて活動範囲を広げていこうと画策していると
今はっきりわかりました〜∵:.(:.´艸`:.).:∵ブッ
Posted by ぱな at 2006年05月26日 19:13
鋭い!
バレましたね!
Posted by ★ぱなさん★ブルースター at 2006年05月26日 22:47
藍ちゃんは、本当に真剣に聞いて
いるんですね。
ボノファンということで、本物に
アピールしたら、サインを貰えるかな?
Posted by ルーシャとクオレ at 2006年05月28日 09:02
 藍ちゃん、エッジのギターはかっこいいでしょ?まだ小さいのにU2教信者になりそうですね。目指せ、猫ミュージシャン!!
 ママはU2のファースト・アルバムを聴いた時に鳥肌が立つほどしびれたと言ってました。アイルランドの叫びだったと言ってました。その後すごーいビッグになってしまいましたが、初心は忘れてないボノなのですね。
 僕が来てからママは音楽を聴かない日々が続いてますが、家にはコアなCDやレコードがたくさんありますよ。僕はテレビっ子ですが・・・。
 
Posted by ドン・小太郎・コルリオーネ at 2006年05月28日 14:40
も、もらえたらいいですね〜!
きっと藍ちゃんに頂いたサインでも
私が強奪しちゃいそうです(笑)

でも〜スノーは怖がって逃げていちゃったし
ボノのウケ方は二分します〜
Posted by ★ルーシャとクオレさん★ブルースター at 2006年05月28日 21:22
え!?ママさんそうなんですか!!
コアなCDやレコード聴かせて頂きたいな〜!
私もU2はデヴューの頃から気になってました

ラウンジリザースなどに浮気しながらも
不変的に大好きなバンドの一つです!


Posted by ★ドン・小太郎・コルリオーネ君★ブルースター at 2006年05月28日 21:27
えっ、ラウンジ・リザース?ジム・ジャームッシュ全部観に行ったりしましたか?とママが言っておりました。
Posted by ドン・小太郎・コルリオーネ at 2006年05月29日 19:12
初期の三部作は観ましたよ!
♪パーマネントバケーション♪ダウンバイロウ♪ストレンジャーザンパラダイス〜♪スリープウオークなども〜その後はあまり〜
ラウンジリザースはライブを新宿に観に行きました
めちゃくちゃ良かったです〜!
Posted by ★ドン・小太郎・コルリオーネ君★ブルースター at 2006年05月29日 20:04
藍ちゃんはブルースターさんと趣味が一緒なのね〜♪
小首かしげたりして真剣そのものですね

ピーちゃんはちょっとハプニングがあったんですね
周りにいたコ達も、ピーちゃん本人もびっくりしちゃいましたね
蒼太もしょっちゅうスイッチ入っちゃうんですよー
それからこの間ご紹介いただいたリンク、興味深く読ませて頂きました
いろいろ勉強させていただきありがとうございます!
Posted by natsu at 2006年05月31日 00:08
ああ〜実は青ちゃんは
優しいパパさんママさんお兄ちゃまがいらっしゃる
素敵なご家族に迎えて頂く事が決まりまして
旅立ちの日迄に
少しでも恐がりを矯正しておこうと
色々な体験をさせている最中なのです★

U2は殊更好みだった様ですが(笑)
Posted by ★nastuさん★ブルースター at 2006年05月31日 05:47
こんばんは。ご無沙汰してしまって、ごめんなさいです。

にゃぁ〜かわいい藍ちゃんですね。なんにでも興味深々のお年頃なのかしら^^

ところで、
「愛しい我が子がゴロゴロお腹を撫でさせていた時に突然噛み付いて来る事ってありませんか?」
そうなんです。ウチのアナもそうなんです。以前から、なんでなんだろう。私のナデナデで仕方が悪いのかぁ?とか、私のこと嫌いなのかなぁ?とか、ちっと悩んだこともあったのですが、なぞが解けて安心しました。

私とアナの二人っきりの生活なので、ついつい擬人化してしまうんですけど、アナはネコ族なんですよね。

肝に銘じましてございます^^
Posted by アナログ at 2006年05月31日 20:55
お久しぶりですね
お仕事なら仕方が無いですよ〜
お変わりないなら安心しました
お暇な時には
ふらり〜♪とお気軽に遊びにいらして下さい
Posted by ★アナログさん★ブルースター at 2006年05月31日 23:40
ご無沙汰ですぅ〜(´∀`)ノ
みなさんお元気そうで何よりです♪
babyちゃん達、とっても大きくなりましたね〜。
ますます可愛くって仔猫ちゃん触りたい病になっちゃいそうです。
それにブルーポイントのbabyちゃん達も仲間入りしてたなんて
ホントにびっくりです。(・o・)
賑やかですね!
久しぶりに思いっきり癒されました〜。o(^o^)o

今、お花とペット関係の仕事をしてます。
ブログは出来ないけど毎日、たくさんの飼い主さんと
ワンコやニャンコのお話をしたり楽しくやってます。
きらやベンも元気ですよ〜。(*^o^*)
ブルースターが奇麗な季節になりましたね!
先日、ベランダにたくさんのブルースターを植えましたよ〜。
ではではまた〜(´∀`)ノ
Posted by あねもね at 2006年06月01日 10:54
あねもねさ〜〜〜ん!(ウル、ウル)
キラちゃんベン君もお変わりなくて何よりです★

ブルースター!植えて下さったのですね!
嬉し〜キラちゃんが食べない様にだけは気を付けて下さいね
(なんと〜ガガイモ科の毒草なのです)
BP、そうなんです〜話題になった後、
スッチンの赤ちゃん4兄弟の中にひょっこりと登場!
ポーちゃん改め
バーティコ君です宜しく!
Posted by ★あねもねさん★ブルースター at 2006年06月01日 11:06
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/309571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック