揺れるハートcats☆kittens Aveailability☆子猫のご縁組みのご案内
るんるん赤ちゃんの成長記録るんるん

2007年01月24日

シマが〜!

またもやお昼ゴハンを強奪された今度はシマに!

私の大好物
炊きたて
ほっかほっかごはん

こんがり
焼きたらこ

たらこ.jpg

テーブルにこんがり
いい感じに焼き上がった
たらこを置いて
ちょっと目を離した一瞬
2つあった
たらこの
大きい方

が無い!
??〜あれ〜??
あっ!シマが食べてる!

SIAM.jpg

SIMA1.jpg

SIMA2.jpg

SIMA3.jpg

兄ちゃんまでそんな事真似しないで!

結局
残った
〜小さい〜
たらこ

たらこから目を離した隙に作った
大根葉&たらこの炒め煮

お昼ごはんとなりました

tarakofuri.jpg

何で私が小さい方なのよ!
おのれ〜!
シマゆるさん!


もしよろしかったらレシピです
お弁当にも常備食にもお薦め

■大根葉とたらこの炒め煮■

大根の葉
(すてちゃう大根の葉っぱ)
水洗いして
こぶち切りにする
さっと熱湯にいれて15秒
笊にあけて置く

たらこ×一房(適宜)
焼いてあっても生でもOK
結局あまったものの使い道って云う事です

鷹の爪一本
輪切り小さくね

ごま油とサラダオイル半々で
大根葉を炒めます
鷹の爪をいれます
たらこを入れます
ヘラで崩しながらさらに炒めて
酒大さじ1
醤油大さじ1
味の素を適宜
水分がなくなったら出来上がり
*みりんや砂糖を加えてお好みのお味に仕上げて下さってもOKです



ニックネーム ブルースター at 16:44| Comment(14) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少食のアナにどうやってもっと食べさせようかと日々悩む私には、羨ましいお話です。シマくんのつめの垢を煎じて飲ませたいですよ〜^^

それにしてもおいしそうな「焼きたらこ」
私も奪取したくなるような・・・。
Posted by アナログ at 2007年01月24日 17:40
♪アナログさん

私の想うところでは
アナちゃんはヒートの頃ではないですか?
女のコは妊娠しないで恋猫のままでいると
食が細くなってしまいます
本来なら交配して妊娠して
その時にには沢山食べて
おっぱいを出して子育てして沢山食べても
消耗して〜身体の状態が万全になったらまた
恋猫になります
その繰り返しです
ヒートの頃は♀も♂も食べる事も惜しんで
恋に邁進します恋猫の状態が頻繁だと
その状態が擬似的に引き延ばされている状態です

小食でも大丈夫な様に
料より質で良質のたんぱく質を少量でもしっかりとって
身体を維持してあげて下さいね
私が言うまでもなく
アナちゃんをとっても愛しておられる
アナログさんですもの
きっと充分お考えになっておられる事だとは思いますが
女の子は生理的にシーズンが来てしまいます
交配しないなら避妊をする事は女のコにとっては
消耗させない一つの選択かもしれませんよ・・・
ヒートをとばしていた我が家のピリンも食が細くなって
痩せてしまいました
彼女はその後病気の為に交配させられない状態と
避妊手術の為に体力維持に苦労しましたが
無事避妊手術を済ませ落ち着きましたよ〜
シッコ魔も治りました
(シーズンには♂へのアピールで♀もスプレーします)
お子をお考えなら外交配なども一つの手ですが
確か胡桃と同い年ですよね
この年で初産では危険が伴う事が充分考えられます

勝手な老婆心申し訳ありません
Posted by ♪お返事 at 2007年01月24日 18:03
ありゃー、シマちゃん、やっちまいましたね。たらこって僕は食べたことないんですけど、おいしいんですか?そういえば、ママはおいしそうに食べてます。
ブルースターさんのお昼は最近サバイバルになっているような・・・。僕は泥ちゃん(泥棒の事です)をやったことはないのですが、馬之助兄ちゃんはプロはだしだったそうです。ある晩キッチンから凄い音がしてママとおばあちゃんが駆けつけてみると、そこには「しまった」という顔の馬之助兄ちゃんと床に転がった新巻ジャケが一匹。自分より大きなシャケを泥ちゃんしようとした猛者ぶりに、ママもおばあちゃんも笑ってしまったそうです。
シマちゃん、猫はハンターだから仕方ないよね。でも塩気の強い物は身体に悪いから、ブルースターママが心配するよ。
Posted by ドン・小太郎・コルリオーネ at 2007年01月24日 18:19
♪ドン・小太郎・コルリオーネくん

新巻しゃけとな〜!
それは大物ですね流石です
しかし我が家の子達はお魚の目が怖くって
お頭付き20センチ以上は怖がるのです
小心者だな
馬之助くんは凄いよ!

たらこ大きいほう一個完食のシマ
本当です身体に悪い!
猫の一生分の塩分摂取してしまったのでは?
Posted by ♪お返事 at 2007年01月24日 18:35
焼きたらこ。
おいしいですよね〜
炊きたてご飯と一緒に食べるのは最高です!
シマちゃんもおいしいにおいにつられてパクっといっちゃったのね・・・。
おいしそうでもだめだよ〜シマちゃん!!
Posted by M&Mまま at 2007年01月24日 22:55
ホント、おいしそうなたらこ。
ついあの歌が・・・。
♪た〜らこ、た〜らこ・・♪
私もたらこ大好き。
おにぎりは、たらこか明太子かといつも
悩んでしまう・・。
ホカホカごはんにのせて・・・
ああ、目に浮かびます。
だから、シマのきもちわかります。
ブルースターのママさんが、いつも
ぱくぱく食べてるのをきっと横目で
みてたんですね!
ず〜っと食べたかったんだね。シマ。
たった一度の し・あ・わ・せ。
Posted by りつねえ at 2007年01月24日 23:14
♪M&Mままさん

おいし〜です
今度また一緒にたべましょうね!
M&Mままさん
私のつたないお料理
美味しそうに召し上がって下さるの
とっても嬉しかったんですよ〜♪
Posted by ♪お返事 at 2007年01月25日 00:02
♪りつねえさん

シマにはシャケの切り身も
豚肉の固まりも
ししゃもも
ハムも座布団も〜(!?)獲られた!
も〜シマゆるさ〜ん!
Posted by ♪お返事 at 2007年01月25日 00:06
なんじゃこりゃ??
なんでこんなにおいしそうなの?
これだけでゴハンいーっぱい食べられちゃうね。
私だったら焼きタラコとゴハンだけで終わるところが、もう一品加わるのがブルースターさんのいつもスゴイとこよね。
あのとき調子の悪かったおなかも最近は好調なの。うふふ。
おいしそ〜
おいしそ〜
シマにお願いして取ってきてもらお。

ずいぶん前に「トリビアの泉」で、
猫はどこまで大きい魚をくわえて逃げるのかっていうのをやってたような・・・
大爆笑しながら見てたんだけど、結果はぜーんぜん覚えてないの。
誰か覚えてないかなぁ???
Posted by kabo at 2007年01月25日 00:27
♪kaboさん

お腹治って良かったね
↑コメの小太郎くんの兄の馬之助くんは
新巻しゃけ獲ったらしいけど(爆)
何処迄の大きさなんだろうね??
気になる〜豹は3倍くらいの獲物くわえて
木の上に上がるらしいけど・・・
Posted by ♪お返事 at 2007年01月25日 00:37
一瞬の隙も見逃さず、素早く奪っていったのですね。
きっと焼きたらこのおいしそうな香りに誘われたんですよ。
「つい出来心で…」と言い訳してくるでしょう(笑)。
それともご飯の取り合いは、人間も対象!?
(´∀`)
Posted by Shigecky at 2007年01月25日 07:37
♪Shigeckyさん

はい〜実は
人間もサバイバルだったりします(汗)
お客様がいらした時はお客様までもが
サファリパークの様になります・・・
Posted by ♪お返事 at 2007年01月25日 08:14
あれれれ〜シマちゃん、やっちゃいましたかー!何度目の犯罪?(笑)
ブルースター家の猫一族の模範ともなるべきはずのシマちゃん、
罪暦が多すぎるとリーダー失格ですね(笑)。

それにしても、キラキラツヤツヤおいしそうなたらこ。。。
シマちゃん、至福のひと時でしたね♪
あ、いかん!猫には塩分が強すぎるのだわ!
笑わせてもらいました!
そして、残されたたらこでおいしそうなおかずを作ってしまうブルースターさんの
手腕はお見事ですねー♪
Posted by ブルーアトラス at 2007年01月26日 01:18
♪ブルーアトラスさん

ええ・・・シマが・・・またもやです(汗)
シマはきっと大丈夫でしょう

とっても可愛そうなお話ですが
シマとチビの後腹の兄弟を見かけた時
同じ毛色の子達
シマシマ×3、チビタン種×1(多分三ヶ月未満の子達)
ママ猫と一緒にゴミ捨て場のポテトサラダを食べていました(きっと離乳食)
この子達も餌付けしようとしたのですが
既にチビとシマが居たので匂いがしたのか
警戒して寄り付かなくて・・・
その後見かけなくなってしまいました
タマネギはいったポテトサラダで育ったシマ
だからシマはたらこくらい
へっちゃらなんですよ〜御馳走様〜★
Posted by ♪お返事 at 2007年01月26日 09:28
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/693082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック