揺れるハートcats☆kittens Aveailability☆子猫のご縁組みのご案内
るんるん赤ちゃんの成長記録るんるん

2007年03月03日

動物取扱責任者研修セミナー

『崖っぷち犬』ってご存知ですか
危うく落ちそうになったところを保護された野犬
その犬のみに里親さんがくじ引きで決まり
リンリンちゃんとなったワンちゃんです

他にも沢山の野犬はいました
そのリンリンちゃんの姉妹もいました
しかし他の犬達には誰一人として里親希望者は現れませんでした

何故?

セミナーでのお話の中で
動物愛護センターの方が訴えていた事です

同時に
野犬の里親をくじ引きで決める安易さ
しかも犬を飼う事が初めだと云う人が里親になる矛盾
ブームに乗って飼い始めた小さなミニチュアダックスだって
調教しきれない飼い主が続出している現状なのに!

日本の動物愛護のあり方は余りにも途上である
最もなお話
いやと云う程目にして来た現状

確かにイギリスのバタシードックホームや
アメリカのシェルターの様な知性的なあり方や
徹底した調教には日本は追いついていない

一番悲しいお話は
動物嫌いの人は不幸な犬猫(アライグマ)を増やしてはいない
寧ろ動物好きな無責任な飼い主がその動物を飼って(買って)
保健所送りの不幸な命を作っている・・・

私も無事に動物取扱責任者
#18−1−166研修修了証が頂けました
動物取扱業登録番号#60386
しかしこの資格に甘んじては行けないと痛感します

世界規模で動物愛護が叫ばれている
アメリカの愛護団体であるIFAWから最近届いたメールでは

米国が認める基準USDA (United States Department of Agriculture)を満たした大型猫科動物おもにライオンやトラを飼育した施設での
事故が多発している昨今である
写真撮影をしようとした17歳の子供が
550ポンドのシベリアトラに襲われて命を落としました

■専門スッタフを配した動物園
■サファリパーク
■あるいは裏庭で専門知識もなく安易に飼うという施設に迄
米国が認める基準USDA (United States Department of Agriculture)
は受理されてしまうと云う現状を改正して
今後の尊い命の犠牲を無くしていきたい所存である
その為の著名(E-メールでの)を募っていると云う内容でした


幾ら飼いならされているとはいえ
種族を越えた関係である事の認識不足
その生態を理解し尊重し擬人化しない事こそ愛する事であり
互いのよりよい関係を築くことになる
『崖っぷち犬』は大丈夫なのかと増々心配に思ってしまう

中型犬であっても訓練を受けていない犬は人間に大怪我をさせる
そうなればこのトラと一緒の運命を辿る事になる

このトラだっていつもは従順に記念撮影に順次ていたかもしれない
でも何かの拍子に生態(野性)の本能にスイッチが入ってしまったのだ

家猫であるロシアンブルーだって例外ではない
人間に大怪我を追わす事はわけ無い!
だからお互い(人間が)その種を理解し尊重すること
それこそが愛する事と同等であるのだと思う
いやそれ以上に・・・

ニックネーム ブルースター at 01:59| Comment(4) | TrackBack(0) | aim for high ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブルースターさん、その通りですね。
 動物嫌いの人は極悪虐待人以外の人はそれほど動物を不幸にはしていないのかもしれません。動物好きこそ両刃の剣で、動物を幸せにも不幸にもする存在だとママも思っています。
 「崖っぷち犬」に里親候補が殺到した時、その選にもれた人が他の犬を養子にしたという話はほとんどなかったみたいですよね。スポットの当たった部分だけでなく、その影の部分を見る人が増えればと思います。
 それと、シェルターから養子を迎える事が当たり前なアメリカでは、日本のようにみんながペットショップで動物を買うというのが信じられないようです。ペット・ショップやブリーダーから動物を迎える、保護された動物を迎える、この両方のバランスがもっと良くなればいいですね。そして動物を迎える場合の覚悟というものをもっと考えて欲しいとママも僕も思っています。
Posted by ドン・小太郎・コルリオーネ at 2007年03月04日 13:53
がけっぷち犬がもらわれていく様子を
テレビで見ました。
「おいお〜い、飼い主大丈夫か〜たらーっ(汗)
と不安になりましたね。
手に負えない感がにじみ出てて。
初めて犬飼うのに、トラウマのある子…
って難しくない?と初心者のQPですら
疑問を感じました。

虐待する人たちは、動物が嫌いというより
歪んだ性癖もちだったり、はけ口が動物や
弱者に向いているだけなような気もしてます。
「責任をもたない動物好き」の罪は重いですね…。


Posted by QP at 2007年03月05日 05:19
♪小太郎くん
故意な虐待は問題外ですが
情に流された動物好きが動物を不幸にしてしまう
納得せざる得ない事ですね
悲しいです
小さな声も合わされば大きな叫びとして伝わります
なんか最近これって『合い言葉』ですね
動物達に住み良い環境は人間にとっても
住み良い筈
頑張りましょうね

Posted by ♪ドン・小太郎・コルリオーネくんへ at 2007年03月05日 20:21
♪QPさん
虐待は持っての他ですが
情だけで飼う動物好きも罪は同罪です
結果保健所送りにされて命を落とします
でもワンちゃん達は待ってます
保健所の冷たいおりの中で
お迎えに来ない飼い主を・・・

辛いです

動物を飼うときは愛情と科学(知性)の半々
で気持ちの余裕をもって迎えて欲しい
責任をもって!そう願っています
ブリーダーやペットショップだって
不信感や不安を抱く里親候補やオーナー候補に
お金儲けで命を売ってはいけないと思うのです

Posted by ♪QPさんへ at 2007年03月05日 20:28
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/738511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック