揺れるハートcats☆kittens Aveailability☆子猫のご縁組みのご案内
るんるん赤ちゃんの成長記録るんるん

2007年03月13日

若木骨折って何?

■若木骨折■(わかぎこっせつ、greenstick fracture)
発育期の子供にみられる骨折。小児の骨は柔軟性があるため、木の若枝を折ったときのような状態になる。骨折部の凸側は離開し、凹側は圧迫されつながっている。また竹の節のようになることもある。

■小児の骨折■
小児の骨は弾力性があり骨を包む骨膜が厚く、何より骨が成長することが特長です。骨折部の 多少のずれは成長とともに矯正されます。小児の骨折は生木を折ったときのように、完全には折れないことが多く若木骨折と呼ばれています。これらのことから小児の骨折では手術が必要になることはまれです。しかし、肘に起こる上腕骨顆上骨折では、腫れが強い場合やずれの大きい場合は入院や手術が必要となります。

若木骨折.jpg


な〜るほどね・・・
写真の若木骨折の写真は人間ですが
結局同じ事が猫にもおこりうるわけですね
4ヵ月齢になれば骨もしっかりしてきて
よほどの事がない限り骨折などの心配は無くなるけれど
それ以前は脆いのです
ちっぽけな弾みでこの若木骨折になってしまうことが
充分ありえます

完全にポキンと折れた骨折よりも安静に
出来ない子猫は直すのが厄介だそうです
日常生活に支障をきたす程に湾曲してくっついてしまった場合
もしくはそれに伴った筋肉や筋が歪んでしまって
炎症をきたす場合は再度人為的に骨折させて骨を真っすぐ修正して
ボルトで固定して直す必要がある

幼猫の頃は骨折なのか解り難いので
急に動かなくなったなどの変化に気がついた時は
軽くみないで速やかに獣医さんで診て頂こう!


若木骨折は
痛そうでつ・・・

ばかでつ1.jpg

ニックネーム ブルースター at 00:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 若木骨折 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの子は尻尾を若木骨折したようです(涙)。
もらった時はすでに尻尾の根元と先っぽがかぎ型でした。おかあさん猫が上にのっかったんでしょうか。それともお産の時の骨折かな、、、
Posted by tieta4u at 2007年03月13日 05:47
早速、リンクしていただきありがとうございます。こちらもリンクしておきました。今後とも宜しくお願い致します。骨折した猫ちゃんがいるのですか?お大事にしてくださいね。
Posted by アリエス at 2007年03月13日 11:06
毎夜の大運動会でいろんな所に体ぶつけているから骨折が一番怖いです。
どこかにぶつかって大きな音がすると猫ってその音にびっくりして動きが止まりますよね。
それでこっちもびっくりして体を触りまくって確認してます。
嫌がられてはいますけど・・・。
どこ触るのよ〜的な鳴き声をされることもしばしば・・・。


Posted by M&Mまま at 2007年03月13日 12:37
前にラピがキャットタワーから落ちた時に
膝蓋骨脱臼しかけたことがあったんですが
(結局靱帯がずれただけで、直ぐに治りましたvvほっ)
子猫の骨折も怖いですよね(><)

私がロムっている、あるブログの子猫ちゃんが、骨折でギプス生活していて
多頭飼いだけに、ケアもとても大変そうなんです。
何回かお医者様に行く機会があったのに
病院でも骨折を見逃されていたみたいで;;;
本当に、他人事じゃないな〜って思います
Posted by Rinpopo at 2007年03月13日 17:36
♪Rinpopoさん
そ〜なんですよ
誤診されるともっと簡単になおせたものも
大変になってしまうし本猫が一番可愛そう
命に関わる問題にもないかねません
パテラ(膝蓋骨脱臼)にならなくて良かったね
ソマリさんも膝蓋骨が緩い子がいるらしいし
ロシアンも!日本ではたいした問題にはなってないけど・・・
(問題にしてしっかり血統管理に取り組むべきだとっも思うけど)
ホント大事に至らなくてよかったですね!

歪んでくっつく前に若木骨折は真っすぐにして
固定したあげるんだそうですよ
だから誤診なんて〜許せません!
Posted by ♪Rinpopoさんへ at 2007年03月13日 18:16
♪tieta4u さん
父猫さんか母猫さんが鍵しっぽなら
優性遺伝
両方真っすぐなら
劣性遺伝

本当に怪我ってこともあるよ
おっしゃる通り母猫さんのミスかな・・・
母猫のお腹で変な姿勢で育ってしまうと
そのまま固まって
真っすぐではなくなることもあるし

初代ロシアンブリーダーの
イギリスの貴婦人クルーコックス夫人が
迎えたロシアから来た子にも
キンク(鍵しっぽ)があっのです
ロシアンも鍵しっぽの遺伝子をどかに
劣勢遺伝でもってるんですよ
Posted by ♪tieta4u さんへ at 2007年03月13日 18:27
♪M&Mままさん
M&Mはもう大丈夫だよ〜!
気をつけるに越した事はないですけど
ももうささんに気をつけてあげてね
M&Mは動きも敏捷にってくるし
油断も隙ももないからね!
Posted by ♪M&Mままさんへ at 2007年03月13日 18:32
♪アリエスさん
我が家は大丈夫そうかと心配した子もいましたが
良き子守役
ルッちゃんです子猫の頃のお話です
ちょっと獣医の先生とお話した事を
記事にしてみました

このブロブそんな構成です
内の子に何かあった訳ではないので
どうか〜御心配なく
心配させてしまって
ごめんなさい
Posted by ♪アリエスさんへ at 2007年03月13日 18:37
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/767002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック