揺れるハートcats☆kittens Aveailability☆子猫のご縁組みのご案内
るんるん赤ちゃんの成長記録るんるん

2007年01月05日

カリカリ♪バイキング

〜みんな〜
『胡桃の氷点』の頃です
大きいベットで一人
悠々と寛ぐ胡桃の視線の先は?

Lookat1.jpg

lookat2.jpg

lookat3.jpg

・・・胡桃さん・・・
広いベットを一人で悠々使い
赤ちゃん達の為に新しく
ベビーカリカリを出してあげれば
赤ちゃん達を置き去りにして
一人一番に食べに行く
私はそんな貴女を
怒れない
憎めない
〜むしろ〜
愛おしい

大好きです!

追記
今日素敵なお名前が
ママさんから届きました
命名
黒ハートレオンくん黒ハート
デビッソくんは
今日からレオンくんです

ニックネーム ブルースター at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

New Year's EVE !


今年の締くくりのEVEは
最近David♪Torn氏から
浮気気味の
Mike♪Stern氏
底抜けに楽しい彼のライヴのDVD

TPC_button.gif

クリックしてみてネ
こんなご機嫌なライヴを生で堪能しながら
カウントダウンが出来たら
最高なんですが!

彼のキュートなニャンコが
めちゃくちゃ可愛い
ジャケットもお気に入りの
Newアルバムもお薦め!

余談ですが
浮気気味の言い訳も込めて
やはりギタリストの
Stern氏の奥様
Leni♪Stern

クリックしてみてネ

leniS.jpg
Wayne Krantz & Leni Stern
Separate Cages

私の大好きな
David・Torn氏は
このアルバムに
マスターリングでですが
レコーディングに
参加しています

Who Let The Cats Out ?

3115.jpg

この猫さんは
コーニッシュレックスかな
デボンレックスかな
ウエーブのある毛並みが特徴の猫種
チャーミング
チェストナットブラウンの毛色
足に少しだけクリームが
入っているのかな?
なんともキュ〜トです
しかし〜猫って不思議な事に
オーナーさんに似るんですよね
この子もスターン氏と似てますよね〜!
我が家を巣立った子達もオーナーさんに
どこか似ています

底抜けに明るくて爽快な彼のギターは
New Year!のカウントダウンにはピッタリ!

最後になりましたが
今年一年
つたない私のブログに
お付き合い下さいまして
心から感謝です
ありがとうございます

素敵なEVEを
My Soul Love !


少し重いけど
・・・ご機嫌な一曲を・・・



ニックネーム ブルースター at 00:12| Comment(6) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

さようならワイングラス

コニャング達の散らかり放題の無法地帯の整備
多感な少女達のお部屋のお掃除お水にゴハン
男性陣のお水とゴハン
人間の『餌』の準備(作り置きして冷凍する)
昨日は買い出しの日だったから人間の餌の準備が一番厄介!
次は山盛りになった洗濯
猫ベットが二個も放置してあるから今日こそは洗濯は避けられまい
くくく〜忙しいの〜!
毎朝の仕事をバタバタとこなす


ガシャ〜ン!ドンッ!
ごろごろご〜っ

な、なんの音?
アアアアッ〜〜!

無惨に床に転げおちて見事に三等分になっている
回りには水晶の様なガラスの破片がキラキラ
憶えていておいでですか?
ボジョレーヌーボー解禁の時にも使っていた

さよならグラス.jpg

このワイングラスは私が18歳の頃
学校の帰り道にあるいつも寄り道している画廊で
生まれて初めて作家物の一点物として
二ヵ月分のお小遣いとお昼代を節約して求めたものでした(悲)

・・・一点物・・・
(溜息)
その奥のコペンの方がまだ
よかったよ

友人が言っていた
メーカー物の食器は割れてしまっても
また同じ物を補充できる
だから小さな子供にも食事の時は大人と同じ食器で
ちゃんと食べさせてあげましょう
よいものを理解する感覚とマナー善く食事をする
とても良い躾けになります
って脱線したけど

このワイングラスは
一点物でメーカー物ではありませんので
代えはないのです

!?犯人はノエル!?

シマからのんたん.jpg

閉まっているカップボードをわざわざ開けて
グラスを出して落として割ったんですよ〜!
私になんか〜恨みでもあるの?

形ある物は何時は壊れると言うけれど
ちょっと立ち直れない
な〜んて
感傷に浸っている猶予は
私にはありません
リビングは大勢の猫家族が暮らしています
勿論ノエルの足も危ない

!速攻掃除!

一段落して今
あのワイングラスと一緒に過ごした
長い年月を振り返ってみる

☆初めてあのグラスを手にした時・・・☆

私がまだ幼稚園の頃だったと想う
鎌倉の骨董品屋さんで初めて出逢ったロシアンブルー
緑の瞳と観た事もないブルーの毛色が美しすぎて
触るのが怖かった・・・
でも、そ〜っと手を出して撫でようとした瞬間
お店の方が
『その猫に触ると噛み付くよ人見知りだから!』
それからず〜っと
私は緑の瞳にブルーの毛色の猫にもう一度逢いたい
あの不思議な色の柔らかそうな毛並みを撫でてみたい!
そう思い続けて探し続けた
今に想えば純血種のロシアンブルーが近所の路上に
いる訳ないんですけどね〜
この頃の私は園児だから何も解ってないのです

☆初めてあのグラスを手にした時・・・☆

私のロシ息子のんたんが落として割ってしまうなんて
想像もしなかった
そして幼い日の夢が叶っていて
緑の瞳のブルーの毛色の猫達を撫でている
私が遠い日から恋し続けた
緑の瞳のブルーの猫
愛するロシアンブルー達と一緒に暮らしている

初めてこのグラスを手にした時
このワイングラスの臨終の時を早めた犯人が
その幼い日に鎌倉で恋した青猫の末裔とは!?

絶対想像してなかった!

おのれ〜〜ノエル
3日は無視するからね

私の今の気持ちを
コニャングの一人に表現してもらいましょ!

りす2.jpg

やりゅのか〜!
怒り沸騰リスのポーズ

その後のノエルは私に妙にまとわりつく
『無視』
甘ったれた声で鳴いてみたり
『無視』
執拗にフミフミしたり
抱っこして来たり
『無視、無視!』
無視、無視、ムシ、むし、虫

しかし
私の無視もきっと3日は続かない
『のんたんのコト今は無視してる最中だから』
って
・・・もう抱っこして話しかけている・・・

ニックネーム ブルースター at 16:31| Comment(6) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

私達にもたまには美味しい餌!?


藍ちゃんとバーティコくんのママさんから
美味しいパンを頂いたので
それに合うチーズを探しにいきました
その弾みでボジョレーヌーボーも購入!
本当はビーフシチューに使うワインを探していたのですが・・・
ま〜美味しいワインの方がお料理も美味しく仕上がるから
いいんですけどね(あ〜出費がかさむな)

見付けたガーリック風味のチーズが
あまりにも美味しかったのでご紹介しますね

フランスのクリームチーズ
これっ!

美味チーズ.jpg
食われた.jpg

うめ〜.jpg

ロブ辞めてくれ〜!

あとは
最近離乳と哺乳が始まった
赤ちゃん達に
皆にもカリカリにふりかければ
免疫サプリになります

ゴートミルク(山羊ミルク)を買って来ました
今度のはアメリカ製で人間も飲める使用です
前回まで購入していた物より匂いもきつく無い感じです
最近風邪を引いてばかりの私にも良いかもね
珈琲のクリープ代わりに入れてみましょうかね
プロポリスも一緒にとったら尚良いかな

哺乳のミルクのブレンドはこんな感じです
新生児=薄め→月齢を増す=濃いめ
とう云う具合にこの調合で
お湯の薄め方であらゆる月齢に与えられます


ゴートミルク1杯

エスビラック2杯

水溶性プロポリス1滴
注:アルコール注出の物は猫は中毒をおこします


我が家特製スペシャルブレンドです
凄〜く喜んでみんな飲みます
ママの胡桃も大好きです!

aka43.jpg

おしゅしゅめですニャ!
凄くおいちい〜よ!



ニックネーム ブルースター at 00:28| Comment(6) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

バナナキャラメルケーキ・レシピ


今日は我が家にお客様がいらっしゃいました
我が家のホスト達は
たくさん抱っこして頂いて
たくさん可愛いって褒めて頂いて
も〜大喜び!
そのお礼に我が家の定番レシピ
バナナキャラメルケーキを作りました
そのレシピをお伝えするのを
すっかり忘れてしまったので
こちらに頂いたお写真と一緒に
UPすることにしました


♪バナナキャラメルケーキ・レシピ♪
材料
ホットケーキミックス
三枚分に対しての格メーカーの分量の
3分の2の牛乳
卵黄一個
バター大さじ二杯
ラムレーズン適量
バナナちぎって一本
★先に粉とバターと卵を入れてかき混ぜます
どろ〜っして完全に混ざったら
ちぎったバナナとラムレーズンを入れてざっくり混ぜる
マーガリンを塗った炊飯器に流し入れておきます

次にキャラメルソースを作ります
★キャラメルソースの作り方
材料
バター
グラニュー糖

テフロン加工のフライパンに
大さじ一杯のバター
グラニュー糖大さじ二杯
大さじ一杯の水を入れて弱火で木ヘラでかき混ぜながら
とろ〜っとする迄かき混ぜなが煮詰めます

出来上がったキャラメルソースを
炊飯器に既に入っている生地にざっくり混ぜて

♪直ぐに炊飯器の早炊きモードで炊き上げます
あとは待つだけ簡単ケーキなのです♪


黒ハート可愛い頂いた愛猫さん達のお写真黒ハート
かなり恐縮しつつも加工して
パンツマンを登場させました
肖像権、著作権の侵害だ〜とかって
・・・訴えないでね・・・

待ってる.jpg

黒ハートまた来てね黒ハート

ニックネーム ブルースター at 22:21| Comment(6) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

Big Heart ! ま〜ね

先ずはこれをご覧下さい
黒ハートBig Heart黒ハート
by
The Lounge Lizards

リーダーのJohn Lurie氏を先頭に
浴衣を着て山を登りつめるメンバー達
その手には重き石!
頂上に登頂した彼らは
舞わる舞わる〜!一心不乱に浴衣も開けて旋回
そして今度は飛ぶ飛ぶ飛ぶ〜!
・・・これは修行なんです・・・
か?
ギターを弾いているメンバーのMarc Ribot氏
その横を通りかかった観光客につい視線が泳いでしまいました
集中力がたりませ〜ん!
修行のやり直し?
彼の様にはならない様に
ピアニストのEvan Lurie氏は
兎跳びならぬ
客席飛びで鍛えてます!

最後に
お爺さんの黒ハートを貰いました
って
大爆笑してしまったのですがこのヴィデオ


私はこの全盛期のメンバーでのThe Lounge Lizardsのライブを
幸運にも日本公演で観る事が出来ました
私の人生の中で一番好きなライブだったと
言っても過言ではありません!

しかし知りませんでした
それがこんな修行の土台に築かれたものだったとは
最高だった筈です
(爆)


最後に意外と最近の99年の
John Zore
wiht
Marc Ribot

・・・ふたつ・・・



ニックネーム ブルースター at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

扁桃腺といっても


わたしの場合はコレだと思うんだけど
急性咽頭炎一般に云う咽風邪です
しかしもう5日も経つのに
怠いし痛みはとれないし

幸い熱は微熱に下がって余裕が出て来ました
安静にしているにもすこし暇かも
って
PCにへばりついて色々検索しては調べて遊んでます
買い物もつい・・・

そんな中で素晴しいお話に
見事にHIT!しました

さんざん好きですって言い続けているギタリスト
デビット・トーン氏のインタヴュー
右耳の聴力を失う遺伝的欠陥である聴覚の神経腫(非癌)発病から
その克服そして復帰までを詳しく綴ったものです


彼は笑いながら明るくお話している様ですが
その内容はあまりにも重く・・・
そして
自殺まで考えた暗闇から
ご家族の愛に支えられて
友人達に励まされ復帰するまでの
あまりにも素晴しい物語でした
ご自身はそのことをメロドラマなんて
笑って言っていますが・・・

私だったら彼の様に立ち直れるかしら

経験は人を優しくすると云うけれど
David Torn氏の深い優しさが
とても感じられる作品を最後に・・・

2002年
私が長年願っていたことです
David Tornさんボウ様を
これからも末永くヨロシク
・・・お願いします・・・

Heathen
David Bowie

heathen.jpg

2003年
こちらにも参加して下さったのですね
・・・感謝です・・・

Reality
Davi Bowie

reality.jpg

〜今度は〜
いつかの日かDavid Torn氏とDavid Bowie氏が
一緒にステージで演奏する日が来る事を
願い続ける事にします

闘病の様子を詳しく・・・
ニックネーム ブルースター at 23:55| Comment(8) | TrackBack(1) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

塩味をきかせたお粥初挑戦

実は熱を出して寝込んでしまった
日曜日・・・
外で仕事をしていた時は
よく扁桃腺を腫らせていた私です
あまりに頻繁に腫れるので切除手術を奨められ
入院出来る病院の案内までされた事もあったけど
ここ最近あまり腫れる事がなく
ちょっと気をぬいていたました
実はNEWぼすにっきのkaboさんが
他人事ではなかった私だったのです
だから、その辛さとても解りますよ〜!

でっ寝込んでいました
祭日ともあって料理の出来ない主人が
飢え死にするかも〜っと思いながらも
ネコ達さえちゃんと食べられれば
も〜主人はどうにでもなればっと
と腹をくくっていました

すっかり日も暮れて
も〜ろ〜としながら
ネコ達の様子を見に行くと・・・
そしたら何と!
奴の初挑戦のお料理が!

IHの弱火で30分も煮込んだ
とっても塩味の訊いた
そして電気代もかなり掛かった
贅沢なお粥が出来ていました・・・

okayugattai .jpg

これって有り難いことよね・・・

ニックネーム ブルースター at 08:59| Comment(8) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

今日はハロウィーン!

a_devilcat1.gif

ハロウィーンそして
アドベントそしてクリスマスに大晦日と
イベントがめじろ押しですね

でも君達の考えてるコトは
どんなイベントの時も同じだね・・・

犬(足)トン犬(足)トン犬(足)トン犬(足)
3ネコ2.jpg

犬(足)トン犬(足)トン犬(足)トン犬(足)

a_devilcat12.JPGa_devilcat12.JPGa_devilcat12.JPG遊そんでください!

犬(足)トン犬(足)トン犬(足)トン犬(足)

揺れるハートはい、はい今日は特別な日サービスしますよ揺れるハート

ニックネーム ブルースター at 11:47| Comment(14) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

母の愛が恐怖体験に!?

ご存知の様に10月22日に
胡桃ママは3男1女の赤ちゃんに恵まれました
今回はピーちゃんの助けもなく彼女は一人で
しっかりベテランママ振りを発揮して全て無事終了
胡桃に守られながら今日も赤ちゃん達はすくすく育っています
これは記念すべき赤ちゃん達のお誕生日の出来事です


母猫は生まれた新生児の胎盤をそれぞれ食べてしまいます
臍の緒を噛み切ってそのまま胎盤も食べてしまうのです
胎盤にはオキシトシンと云うホルモンも含まれていますし
プラセンタエキスも補給出来るしとても高タンパク
お産は100回位腹筋したのと同様高カロリーを消耗します
スタミナ源のタンパク質は必須
次の子猫を生む為の陣痛を促進する為にオキシトシンも必須
(それ以外にも元気な新生児は母猫のおっぱいを早々に探し当てて吸い始めますコノ刺激も次に控える子猫を産み落とす為の自然の陣痛促進剤)
より母らしく女性的に!そして今後の子育ての為により若々しく健康維持にプラセンタも必須
こうして胎盤を食べるコトには天敵から身を守る為に血の匂いを消してお産の痕跡を残さない為だけではなく全てを円滑にこなす為の理由がある様に思うのです

女性らしくと云うコンセプトは人間もサプリメントや医薬品として美容の為や更年期の症状の軽減の為にプラセンタエキス(無菌の豚や羊や山羊由来の)として胎盤は珍重されていますよね

ひらめきそこで母は閃きました
病身のぴーちゃんに食べさせてあげよう
きっと今迄以上に元気になる!

4つもあるんだから一つ位頂戴してもいいよね
胡桃ぴーちゃんに一つ頂戴ね・・・

食べるなら新鮮なうちに!
ぴーちゃんと孫達のお部屋に速攻もっていってあげました

『愛しいぴーちゃんタント食べて
美貌と元気と若さを取り戻してね!』

私はぴーちゃんに
とても良い事をしたと云う想いを胸に
その後の胡桃のお産に晴れやかな思いを反芻しながら
立ち合いました・・・
胡桃のお産も無事終わり
可愛い小さな赤ちゃん達は胡桃に抱かれて
おっぱいを仲良く吸っています
胡桃も旺盛な食欲でアニモンダも完食一安心です

私達の夕食がまだだったので
主人と二人喜びを噛み締めながら
炊飯器で焼いてあったブルーベリーケーキと珈琲を頬ばりました
その時
主人がぼっそっと言いました

ぴーちゃんの部屋の胎盤って
もう片付けてもいいんだろう?
誰も食べないよ
プッ君なんか怖がちゃってさ〜
恐る恐るお手手で触って匂い嗅いで逃げちゃったし〜
パーちゃんは見ない様にしてるし
ぴーちゃんは無視して寝てるよ・・・
なんと!

そうでした!?すっかり今迄

忘れてました

せっかく胡桃が分けてくれたのに・・・・

怖い.jpg

これって・・・
胸に反芻する程の良い事だったの?

ニックネーム ブルースター at 14:21| Comment(2) | TrackBack(0) | Selfishness column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする